発売されたワクチン手帳=米子市新開2丁目、今井書店本の学校今井ブックセンター
発売されたワクチン手帳=米子市新開2丁目、今井書店本の学校今井ブックセンター

 新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、今井書店(松江市殿町)と今井印刷(米子市富益町)が接種済み証を貼り付けられる「ワクチン手帳」を発売した。接種済み証の手軽な保管に役立ててもらう。山陰両県内の今井書店で限定2千部取り扱う。
 手帳にはワクチン2回分の接種済み証を貼り、個人情報や副反応の有無、アレルギー経歴を記入できる。2023年まで3年間、毎年、接種済証を貼れるようページを設けた。このほか、インフルエンザなどのワクチンにも対応する。
 今井書店執行役員営業本部の大国貴寿店売部長(44)は「保管や持ち運びが簡単。ぜひ活用してほしい」と呼び掛けた。
 A6判。16ページ。200円。
(柴田広大)