短歌 宮里 勝子選 バランスの怪しきさまにゆく老いの片足立ちで靴下履けり     出 雲 神門  晃  【評】体の重心がとりにくくなり、ふらつきを覚えながらも立ったまま靴下が履けるように日々...