格闘ゲームの企業対抗戦で熱戦を繰り広げる参加者=cCAPCOM U.S.A.,INC.2016,2020 ALL RIGHTS RESERVED.
格闘ゲームの企業対抗戦で熱戦を繰り広げる参加者=cCAPCOM U.S.A.,INC.2016,2020 ALL RIGHTS RESERVED.

 山陰パナソニック(出雲市渡橋町)の社員と山陰合同銀行出雲支店(同市今市町)の行員がこのほど、格闘ゲームの交流戦で親睦を深めた。ゲームの腕に自信を持つ社員と行員が本気の熱戦を繰り広げ、新たな交流の輪が生まれた。

 山陰パナソニックは、ゲームを通して若手の人材育成や企業交流などに取り組むため、社内にeスポーツ部を持つ。取引があり、若手も多い同支店に呼び掛け、初となる交流大会を企画。松江市平成町の山陰パナソニック松江営業所で開いた。

 使用したのは、互いがゲームのキャラクターを選んで一対一で戦い、相手の体力を先になくした方が勝ちとなる人気ゲーム「ストリートファイターVチャンピオンエディション」で、双方5人ずつの星取り戦形式で進行。互いに真剣な表情でゲームを操作し、大技が決まったり逆転劇を繰り広げたりするたび、拍手や歓声が巻き起こった。

 激闘の末、山陰パナソニックの4人が相手を打ち負かし、団体勝利を収めた。参加した同社ドコモ営業部の堀田晋平さん(38)は「企業同士なのにゲームでつながりができるのは新鮮な気持ち。今後も交流を進めるため、もっとゲームの腕を磨きたい」と笑顔だった。

 同社は今後、3カ月に1回ほどの頻度で、県内外の企業や大学などと交流大会を開く予定だという。

      (吉野仁士)