※アプリをご利用方は、写真をタップし、左にずらすと計2枚の写真を見ることができます。

 ベーブ・ルース以来103年ぶりとなる「2桁勝利、2桁本塁打」の偉業や、日本選手初の本塁打王はならなかった。とはいえ、とてつもないインパクトを日米に残したのは間違いない。

 常識を覆す投打の「二刀流」でシーズンを完走した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手。投げては先発9勝に156奪三振、打っては46本塁打、100打点、走っては26盗塁…。どれを取っても素晴らしい成績だが、それを1人でやってしまうのだから。最優秀選手(MVP)が有力視されるのも当然だ。

 成功の原点は...