政府の新たな対策全体像では、新型コロナウイルス流行「第5波」と比べて3割増となる3万7千人が入院できる体制を都道府県が構築することになった。政府が積極的に国立病院や各地に系列のある病院に病床や医療スタッフの確保を求めたことで、徐々にコロナ患者の受け入れに前向きな医療機関が出ており、決して遠い目標ではない。

 ただ、病床確保より大事なのは...