女流名人12連覇を記念し、羽生善治九段(左)から記念の花束を受け取る里見香奈四冠=東京都港区、ザ・プリンスパークタワー東京 ※他カット「里見香奈パーティー」の仮見出しで送っています
女流名人12連覇を記念し、羽生善治九段(左)から記念の花束を受け取る里見香奈四冠=東京都港区、ザ・プリンスパークタワー東京 ※他カット「里見香奈パーティー」の仮見出しで送っています

 2月に12連覇を果たした将棋の里見香奈女流名人(29)=出雲市出身=の就位式と祝賀パーティーが7日、東京都内であった。今回の防衛では、清水市代女流七段(52)の持つ女流タイトル通算43期の最多記録に並び、出席者からは一層の活躍を期待する声が相次いだ。

 里見女流名人は2月に千葉県野田市であった第47期女流名人戦第3局で加藤桃子女流三段(26)を破り、3連勝で防衛。現在は女流名人のほか清麗、女流王位、倉敷藤花の四冠を保持している。

 日本将棋連盟の役員ら約40人が出席したパーティーで里見女流名人は「研究段階では苦しんだが、対局当日は伸び伸びと楽しんで指すことができた」と振り返った。

 里見女流名人の目標でもある清水女流七段は「身を削る思いで対局に臨んでいる里見さんが言う『楽しい』にすごみさえ感じた」と、10代の頃から対局してきた後輩の心情を読み取った。

 棋戦のタイトル獲得が通算99期で最多となる羽生善治九段(50)は、出雲市での女流名人戦第2局の逆転勝ちを挙げ「土俵際のベストを尽くした手順に勝負強さ、強さ、迫力を感じた」と絶賛。「女流棋界のトップランナーとしてこれからも活躍してほしい」と激励した。

 里見女流名人は4月27日から開かれる女流王位戦(5番勝負)で山根ことみ女流二段(23)を破り防衛すれば、タイトル獲得数が新記録の通算44期となる。(白築昂)