常に耳に逆らう忠言を聞き、心に思い通りにならないことがあったなら、はじめて人を徳に進ませ、行いを修める砥(と)石(いし)のようになるのである。 (『菜(さい)根(こん)譚(たん)』)   ...