任期満了に伴う松江市長選と市議選が11日、告示される。市長選は、いずれも無所属新人で元日本政策投資銀行松江事務所長の上定昭仁氏(48)=自民、公明、国民民主推薦=と元市議の出川桃子氏(43)、共産党新人で元市議の吉儀敬子氏(70)が立候補を表明している。

 2013年以来の三つどもえの戦いとなる見通しで、人口減少対策や市政運営の手法、原発再稼働の是非などが争点となる。

 上定氏は午前9時20分から同市殿町の島根県庁前で第一声を上げた後、東出雲町錦新町8丁目のアイパルテ前など計5カ所でマイクを握る。

 出川氏は同8時40分から同市大正町の後援会事務所近くで第一声。市内各地を巡り、同市朝日町の松江テルサ前など計8カ所で街頭演説する。

 吉儀氏は同9時半から同市袖師町の党県委員会事務所前で第一声に臨む。その後、鹿島町に入り、市内を遊説。計9カ所の街頭で演説を行う。

 市議選(定数34)は定数を7人上回る41人が立候補の準備を進めている。

 投開票は18日。期日前投票は12~17日の午前8時半~午後8時に、市役所本庁舎と島根、美保関、八雲、玉湯、八束、東出雲の各支所、鹿島、宍道の両公民館で実施する。イオン松江ショッピングセンターでも同期間の午前9時~午後8時に受け付ける。

 10日現在の選挙人名簿登録者数は16万7420人(男7万9504人、女8万7916人)。 (片山大輔)