大田市が18日、4月1日付の定期人事異動を発表した。市立病院を含めた対象者は283人で、前年に比べて21人多い。

 母子、児童の健康増進や健全育成を包括的に支援するため、健康福祉部内に「子ども家庭支援課」を新たに設ける。

 JR大田市駅周辺の土地区画整理事業の推進を図り、建設部都市計画課内の「区画整理推進室」を「土地区画整理課」に昇格させる。

 1月の道の駅ごいせ仁摩開業に伴い、産業振興部内の「道の駅推進室」を廃止する。

 3月31日付の退職者数(市立病院含む)は42人。4月1日時点の職員数は、新規採用の29人を合わせて775人(同)となり、前年同期比で15人減となる。
      
 【部長級】産業振興部技監...