大塚康生氏
大塚康生氏

 「ルパン三世」シリーズなど多くのアニメ作品を手掛けた島根県津和野町出身のアニメーター、大塚康生さん(89)が15日に亡くなったことが分かった。同日、都内であったアニメ関係のイベントで明らかになった。

 「未来少年コナン」「じゃりン子チエ」といった多くのアニメで筆を執った。スタジオジブリの宮崎駿氏の映画監督デビュー作となった劇場アニメ「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年)では、ルパンと相棒の次元大介が愛車の黄色いフィアットに乗り込み疾走するシーンを担当した。

 アニメ界への多大な貢献から、2002年に文化庁長官賞、19年に第42回日本アカデミー賞協会特別賞を受賞。全国に根強いファンがおり、郷里の津和野町では大塚さんの功績を紹介する「伝説のアニメーター 大塚康生パネル展」(津和野町主催、山陰中央新報社企画)が開かれている。