島根、鳥取両県発行の「We LOVE山陰キャンペーン」のチラシ
島根、鳥取両県発行の「We LOVE山陰キャンペーン」のチラシ

②Go To Eatキャンペーンとは
▽概要
 外出自粛などによる打撃を受けている飲食店を支援するため、全国で行われている官民一体型のキャンペーン。コンビニや特定の店舗で購入できる食事券をキャンペーン加盟店で使うことで、通常よりも安く食事が楽しめるというお手軽な制度だ。
 地元の飲食店だけでなく、全国チェーンの回転ずし、レストラン、ファストフード店も一部対象になっており、持ち帰りも利用できる。

 

▽島根県では
 6千円分の食事券(500円券×12枚)を4千円で購入できる。おつりは出ない。500円単位で使用できるため、サラリーマンがランチなどで手軽に使える。購入期間は5月末、利用期間は6月末まで。利用可能店舗は特設ページで確認できる。
 コンビニで購入する場合は、ローソン店内にある赤色の端末「Loppi」を使用する。画面の「各種番号をお持ちの方」をタッチし、続いて出てくる番号検索に「63700」と入力。希望枚数の選択や、氏名、電話番号を入力した上で「申し込む」をタッチする。端末から申込券が発券されるので、レジに持って行くことで食事券と引き換えになる。
 このほか、購入できる場所は、島根中央信用金庫、しまね信用金庫、日本海信用金庫、奥出雲町商工会の本所(三成)と経営支援センター(横田)、一畑トラベルサービス隠岐営業所、海士町観光協会、西ノ島町観光協会。

 

▽鳥取県では
 1万円分の食事券(千円券×10枚)が8千円で購入できる。千円からの利用となるため、ある程度高級な食事が対象か。購入期間は5月末、利用期間は6月末まで。利用可能店舗は特設ページで確認できる。
 コンビニで購入する場合は島根と同様だが、番号検索は「63600」と入力する。このほか、県内で購入できる場所は、JU米子高島屋(5Fサービスセンター)、米子天満屋(4Fギフトサロン)、PLANTー5、サンマート、マルイ、エスマート、パープルタウン、丸合、東宝ストア、新あじそう、日本海新聞社。

 


 制度を理解する段階で尻込みしがちだが、記者も仕組みを調べて理解していくうちにそのお得さに気付きだした。今日は仕事帰りにコンビニでGoToEatの食事券を買い、普段は行かない高級店で少し豪華な夕食でも楽しんでみようか。