新型コロナウイルスのワクチン接種の不安を解消するため、鳥取県は8日、専用のコールセンターを開設した。看護師や保健師が、ワクチンの効果や副反応など市町村では対応が難しい専門的な相談に応じる。

 名称は「新型コロナワクチン相談センター」で、県看護協会に委託し、同協会(鳥取市江津)に設置した。スタッフ2人が常駐し、午前9時から午後5時15分まで、土日祝日も対応する。