JR木次線を走る列車を題材にした絵はがき
JR木次線を走る列車を題材にした絵はがき

 JR木次線を走る列車の写真を使った絵はがきを、道の駅「奥出雲おろちループ」(島根県奥出雲町八川)が発売した。鉄道写真の愛好家が撮った作品を使用。四季折々の風景と列車が目に鮮やかで、お土産にも喜ばれそうだ。

 絵はがきは6種類あり、紅葉の中や3段式スイッチバックを走る、トロッコ列車「奥出雲おろち号」、普通列車が秋晴れの空の下、黄金に実った稲穂のそばを通過する様子、コスモスや雪景色の中を走る景色がデザインされている。

 1枚150円。1セット(6枚入り)850円。奥出雲おろちループのみで販売している。 (狩野樹理)