島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 島根県と鳥取県が18日、106人、127人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。島根県邑南町の児童福祉施設と、鳥取県では米子市の陸上自衛隊米子駐屯地、湯梨浜町の羽合小学校でそれぞれクラスター(感染者集団)が発生した。いずれも17日確認分。

 島根県の居住地別の内訳は、出雲市37人、松江市34人、安来市8人、大田市7人、浜田市、江津市5人、益田市、雲南市各4人、邑南町、県外各1人。

 邑南町の児童福祉施設は17日までに5人の感染を確認。接触者が把握できており、施設名は公表しない。クラスター発生の累計249件となった。

 松江市内の市立小学校1校は関係者1人の感染を確認し、19日まで一部を学級閉鎖。出雲市役所本庁舎で職員1人の感染が分かったが、接触者はいなかったため通常通りの業務とした。同市の放課後児童クラブ1カ所は感染確認に伴い当面の間、閉鎖とした。

 大田市職員1人、中国電力島根原発勤務の社員1人、三隅発電所の協力会社社員1人の感染も確認されたが、いずれも業務に支障はない。

 鳥取県の保健所別は米子48人、鳥取市40、倉吉39人。陸上自衛隊米子駐屯地は17日までに隊員30人の陽性が確認された。隊務に影響はない。羽合小は17日までに関係者16人の陽性が判明し、16日から休校。クラスター発生は累計142件となった。

 鳥取市の県立中央病院、市立病院でそれぞれ職員の感染が確認されたが、接触者がいなかったり、接触者の陰性が確認されたりしたため通常通り診療。倉吉市役所、湯梨浜町立学校給食センターでそれぞれ職員の感染が確認されたが、いずれも業務に影響はない。

 関係者の感染で米子市の米子工業高校、湯梨浜町の湯梨浜中学校で学級閉鎖。同町の「はわいこども園」でも陽性者があったが、園内に濃厚接触者がおらず、通常取りの業務とした。

 累計感染者数は島根1万5894人、鳥取1万4026人。18日午前0時時点の確保病床使用率は島根(371床)が14・6%、鳥取(350床)が19・4%。宿泊療養は島根54人、鳥取126人、自宅療養は島根893人、鳥取696人。両県とも重症者はいない。
(佐々木一全、藤井俊行)