島根県庁
島根県庁

 島根県が2日、1日の確認数としては過去最多となる424人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日確認分。県東部の警察署、松江市内の会食、松江市立病院で計3件のクラスター(集団感染)が確認された。医療機関に入院していた1人が死亡した。

 これまで最多だった374人を上回り初の400人台となった。居住地別は出雲市204人、松江市113人、安来市23人、雲南市17人、大田市15人、飯南町7人、益田市と江津市各5人、浜田市3人、奥出雲町と邑南町各1人、県外2人、調査中28人。

 3件のクラスターは県東部の警察署に勤務する6人、松江市内であった会食の参加者9人、松江市立病院の患者3人と職員7人の計10人。いずれも接触者を把握しており、業務に支障はない。このほか、松江市職員2人と松江市議会議員1人の感染がそれぞれ確認された。いずれも業務に支障はない。

 県は6月29日に出雲保健所管内で167人、松江保健所管内で19人の感染が確認されたと発表したが、それぞれ166人、20人に訂正した。また、30日に居住地を調査中としていた54人はいずれも出雲市在住と判明したと発表した。

 累計感染者数は2万378人。1日午前0時時点の確保病床(371床)使用率は21・8%。宿泊療養は32人、自宅療養は1355人。重症者はいない。
  (宍道香穂)