新型コロナウイルスの感染拡大を受け、島根県が5日、対策本部会議を開き、重症化リスクの高い高齢者(65歳以上)や基礎疾患のある人、妊娠中の人、ワクチン未接種の人について、医療提供体制がひっ迫する都道府県への移動について、慎重に判断するよう求めた。要請期間は6日からで、該当する都道府県は県のホームページで公開する。5日現在で、該当する都道府県は東京、神奈川、静岡、福岡、鹿児島、沖縄。