第三章 相国墜つ(十三)  どれくらいの時が経ったであろうか。屋敷の中で人が慌ただしく動き出す気配があった。父の容態に変化があったのかと腰を浮かせかけたその時、襖が勢いよく開いた。 「兄...