図書館スペースで本探しをする来館者=鳥取県南部町法勝寺、キナルなんぶ
図書館スペースで本探しをする来館者=鳥取県南部町法勝寺、キナルなんぶ

 鳥取県南部町法勝寺に図書館や公民館機能を備えた複合施設「キナルなんぶ」が1日、オープンした。多目的ルームや共有ワークスペースも備え、焼きたてのパンが味わえるカフェも入る。町が「生涯活躍のまち」づくりのハブ施設として整備し、生涯学習や交流拠点として活用する。

 鉄骨一部2階建て、延べ床面積2365平方メートルで、総事業費は12億4600万円。愛称の「キナル」に多くの人が「来なる」、「気になる」場所などの願いを込めた。

 メインの図書館エリアは仕事帰りに利用しやすいよう閉館時間を午後9時に設定。約6万2千冊の蔵書をゆったり読めるコーナーや静かに集中できる仕切り部屋も設けた。同じ敷地にある法勝寺図書館は、郷土資料や国の天然記念物オオサンショウウオを展示する「なんぶふれあい館」としてリニューアルした。

 地元企業が手掛ける直交集成板(CLT)など県産材をふんだんに使った構造や内装が特徴で、ホール中央にある木製の円形状タワーがシンボル。隣接する西伯小学校児童がスクールバスの待ち合いに利用でき、将来的に町営バスの発着拠点の機能も持たせる。

 オープニングで陶山清孝町長は「先人がつくった町の価値をぎゅっと詰め込んだ施設を十分に使い、町の未来の価値をさらに大きくしていこう」と呼び掛けた。3日まで歌川広重の版画展も開いている。(藤井満弘)