詩画とエッセー集「ふたり風にならないかい」
詩画とエッセー集「ふたり風にならないかい」
はらだとしこさん
はらだとしこさん
詩画とエッセー集「ふたり風にならないかい」 はらだとしこさん

 詩と絵を組み合わせた「詩画(うたえ)」作家、はらだとしこさん(68)=米子市三本松3丁目=が自身2作目となる詩画とエッセー集「ふたり風にならないかい」を自費出版した。人生で何か残したいと考え、完成させた作品で、生まれてから絵描きになるまで自身の歩みをまとめた。

 はらださんは約30年にわたり詩画作品を創作し、山陰両県で教室も開催。1997年に、自身初となる詩画とエッセー集「いろはに いま あなたに ほ」を山陰中央新報社から出版した。

 「ふたり―」は、「あ」から「ん」までの51音で詩画とエッセーを載せ、かるた風に構成した。「け」で、小学生時代の担任に絵を褒められた経験に触れ、イチゴとともに「あなたを想う心が育ち花が咲く」と表現。「す」では中学時代の初恋の相手に向け、真っ青な空を描き「風に吹かれて海の声を聞く この空の続きにあなたが居る」とつづった。

 「ね」では関西の美術短大時代に恩師との出会いを契機に熱心に勉学に励んだ経験を紹介。アクリル絵の具を添えて、本物を見極める純粋な目と心を育む大切さを記した。

 はらださんは「『こういう経験あるよね』と共感してくれたらうれしい」と話している。

 通常横向きの帯を縦向きにして破れにくく、しおり代わりとして使えるよう工夫した。

 2200円。B5判変型カラー。山陰両県の今井書店グループセンター店などで取り扱っている。(柴田広大)