集合写真の撮影に臨むプレシャスのメンバー=益田市下本郷町の「オープンハート アライブ」
集合写真の撮影に臨むプレシャスのメンバー=益田市下本郷町の「オープンハート アライブ」

 益田の魅力を発信する「ご当地アイドル」としてオーディションに合格した益田市内の小学6年生~高校2年生の6人組「Precious(プレシャス)」のPR写真撮影が8日、同市下本郷町の結婚式場「オープンハート アライブ」であった。アイドルとして初撮影に臨んだメンバーは、少し緊張した面持ちでカメラに笑顔を向けた。 (中山竜一)

 同市あけぼの西町の音楽教室「Enjoy Music Association」が「Masuda Sing&Dance Project」と銘打って募集した。

 書類と実技の審査でMAYUさん(16)、MIKIさん(15)、NAGIさん(14)、SHIORIさん(14)、MIHIROさん(14)、ASAMIさん(11)を選んだ。本名非公開。リーダー未定で5月から週1回、市内で歌やダンスの練習に励んでいる。

 プロジェクトの総合プロデューサー麻生英治さん(50)は「メンバーや楽曲制作、振り付け指導、衣装作りまで全て市民で担うことで地域の自信につなげたい」と語る。

 この日は市内のカメラ女子でつくる「ふぉとみ」の3人が、プロジェクトに無償提供する個人写真と集合写真を撮影した。写真やグループ名のイメージロゴは10日夜にプロジェクトのサイトで公開した。高校2年生で最年長のMAYUさんは「益田を全国発信し、多くの人に知ってもらい、益田に住んでもよいと思ってほしい」とほほ笑んだ。

 プレシャスは、11月に同市内である日本遺産をテーマにした演劇公演への出演が決まっており、時期未定ながらCDデビューも予定。デビュー曲は萩・石見空港(益田市内田町)を題材に地元の魅力を全国にPRしようと、今後レコーディングやイメージビデオ撮影を行う。