薬物依存症治療の第一人者で、精神科医の松本俊彦さんのこの半生記は、鮮烈な人間賛歌だ。登場するのは、立場で隔てられた医師と患者たちではない。共感でつながれた、個性と個性である。  「患者さんに...