シカやイノシシといった害獣を微生物によって分解して処分する装置を鳥取市が導入する。煙は出ず、臭気も出にくいのが特徴。市によると、同様の装置の採用は県内で初めて。2022年4月に運用を始める。事...