新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、鳥取県と鳥取大医学部付属病院(米子市西町)は12日、県内で職場接種を計画する企業や団体に対し、協調して医師や看護師の派遣に取り組むことを決めた。確保が課題となる打ち手などを供給し、円滑な実施につなげる。

 同日、付属病院で平井伸治知事と原田省病院長が会談し、合意した。

 県が、職場接種を計画する企業や団体からの問い合わせ窓口となって調整。病院は可能な範囲で医師や看護師を送って協力する。

 平井知事は、県内で職場接種の実施に向けた動きが相次いでいることを踏まえ、協力を要請。

 原田病院長はワクチン接種が進むことが感染抑制の鍵を握るとし「できる限り協力し、一体となってコロナに立ち向かいたい」と応じた。    (藤井俊行)