島根県の丸山達也知事が23日の定例会見で、今年夏に東京五輪・パラリンピックの観客受け入れについて「国内観客も無観客でやるべきだ」との認識を示した。新型コロナウイルスの感染急拡大が懸念される東京都で、人が集中する環境をつくるのはリスクが高いことを理由に挙げた。

 丸山知事は20日に海外からの一般観客受け入れ見送りが決まったことについて「当たり前だ。(海外から)競技者や指導者らが来るだけでも大変だ」と指摘した。

 その上で、東京都で感染拡大のリバウンドが懸念されている現状を踏まえ、五輪期間中に政府や都が「感染をコントロールできるのか」と疑問視。緊急事態宣言の再発令を想定した対応が必要とし「感染拡大要因となるような人の移動を避けるのは、基本中の基本」と述べ、開催するとしても無観客を主張した。

      (原田准吏)