最優秀賞を受賞した山根大樹さんの作品
最優秀賞を受賞した山根大樹さんの作品

 県西部から島根県東部にかけて「インスタ映え」する風景写真を募り、国内外に発信する中海・宍道湖・大山圏域観光局(矢野正紀理事長)のコンテストで、米子市在住の会社員山根大樹さん(26)の作品が最優秀賞に決まった。

 最優秀作は、松江市枕木町の枕木山にある華蔵寺の展望台を、2020年11月中旬に撮影。木漏れ日に包まれた建物と、奥に広がる中海や大山の風景に期待感を抱かせる構図で切り取った。

 同局は観光客誘致に向けたきっかけづくりを目的にコンテストを実施。20年度の2回目となる今回は、20年10月中旬から21年1月末の期間で、写真共有アプリ「インスタグラム」に全国から2700作を超える応募があった。

 入賞作は計44点で13日から約1カ月間、上位入賞作などを米子市新開2丁目の本の学校今井ブックセンター内「SHIMATORIカフェ」で展示し、同局のウェブサイトやパンフレットにも掲載する。

(田淵浩平)