東日本大震災の後、岩手、宮城、福島の被災3県の仮設住宅や災害公営住宅で、独り暮らしをしていて亡くなり、警察が取り扱った人は、2011年から昨年までの約10年間で614人に上ることが8日、警察庁...