安来市立病院=安来市広瀬町広瀬
安来市立病院=安来市広瀬町広瀬

 安来市は22日、市立病院(広瀬町広瀬)の病棟勤務職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。職員が出入りする病棟の入院患者と全病院スタッフのPCR検査を進め、入院患者は全員の陰性を確認した。外来・入院などの業務は継続する。職員は2回のワクチン接種を受けていた。

 島根県が同日発表した新規感染者の1人。市立病院は、職員の同居家族が通う学校・職場などで感染者が出た場合、出勤停止とする院内ルールを設けている。感染した職員はこの該当者で18日以降は勤務していないという。

 山陰両県での感染拡大を受けて市立病院が20日、院内ルールを適用中の職員13人に検査を行ったところ、1人に陽性反応が出たため保健所に届け出た。

 市立病院は計302人のスタッフが勤務。既に119人の陰性を確認し、正規職員は24日までに検査を終える見込み。田中武夫市長とともに記者会見した水澤清昭院長は「職員に陽性者が出たことで市民の皆さまにご心配をお掛けした。引き続き感染予防策を徹底し、安心・安全の確保に努める」と話した。
       (渡部豪)