優勝を決め、ノーヒットノーランを達成した山崎琢磨投手(左から3人目)に駆け寄って喜ぶ石見智翠館ナイン=県立浜山球場
優勝を決め、ノーヒットノーランを達成した山崎琢磨投手(左から3人目)に駆け寄って喜ぶ石見智翠館ナイン=県立浜山球場

 第103回全国高校野球選手権島根大会は29日、出雲市大社町北荒木の県立浜山球場で決勝があり、石見智翠館が8ー0で大社を下し、中止となった昨年の大会を挟み2大会連続11度目の甲子園出場を決めた。
 石見智翠館は主戦の山崎琢磨が夏の島根大会決勝で史上初の無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)を達成。伸びのある速球と鋭い変化球を武器に15三振を奪い、大社打線を封じた。攻撃では初回に先制し、伊藤陽春の本塁打などでそつなく加点した。
 全国選手権大会は8月9日に開幕する。
 (原暁)
▽決勝
大 社
000000000〓0
11002022×〓8
石見智翠館
(大)北野|小村
(石)山崎琢|上
▽本塁打 伊藤(石)
▽二塁打 関山(石)
▽ボーク 北野(大)
▽試合時間 2時間14分

 【評】石見智翠館の山崎琢が無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)を成し遂げ、大社を投打で圧倒した。
 山崎琢は伸びのある直球とカットボールを駆使して大社打線を寄せ付けず、15奪三振で2四球の走者のみに抑えた。バックが無失策で盛り立てた。
 主戦の快投に打線も応えた。初回、中前打で出塁した1番関山を犠打で二塁に送り、岡田が中前適時打を放ち先制。二回に敵失で加点した後、五回は2死満塁から山崎琢の右前打で加点。七回には2死一塁から伊藤が左越え本塁打を放ち、試合を決定づけた。
 大社は、相手投手の速球の前に、15三振のうち14個が空振り三振で、攻略の糸口を見いだせなかった。守りでは再三、相手先頭打者の出塁を許し、4失策と乱れてリズムを欠いた。