64歳以下の人 いつ・どこで・誰から打てる?
64歳以下の人 いつ・どこで・誰から打てる?

 新型コロナウイルスワクチンの接種は、64歳以下へと進んでいます。

 Q 64歳以下は年齢などの優先順位はあるの?

 A 市区町村から接種券が届けば、予約できます。基本的に自治体は60~64歳や、基礎疾患のある人らから優先して予約を受け付けています。一般的な59歳以下の人は、その後となります。

 Q 他の順位付けは?

 A いろいろな例があります。東京都新宿区は、人口比率の高い20~30代を優先しました。秋田県男鹿市、奈良市や沖縄県などは観光業に携わる人を優先対象に加えました。保育士や教職員、飲食店で働く人を優先した自治体もあります。

 Q 一般の人はいつ打てると考えればいい?

 A 菅義偉首相は「10~11月の早い時期」に希望者全員を打ち終えるとしています。現状は、国からのワクチン供給が急減した影響を受け、予約受け付けなどで混乱する自治体もあるようです。

 Q 感染力の強いデルタ株が拡大して、40~50代の重症患者が増え「50代問題」とも言われていますね。対応策は?

 A 日本で3種類目となるワクチン(英アストラゼネカ製)が「原則、40歳以上」を対象に接種事業で使えるようになりました。副反応の問題も指摘されていますが、早期に多くへ接種する対応策とも言えそうです。

 Q 市区町村の接種会場って?

 A 体育館や文化センター、商業施設などで行う集団接種と医療機関での個別接種があります。

 Q 他でも打てる?

 A 防衛省が東京と大阪で運営する大規模接種センターや、一部の都道府県で運営される会場でも打てます。近くにどんな会場があるか調べ、自身の都合に合う会場を探しましょう。