新型コロナ死者の年齢別割合
新型コロナ死者の年齢別割合

 新型コロナウイルス流行「第5波」で感染して死亡した人のうち50代以下の割合は20・6%で、ワクチン接種が始まった2月以前の3・8%と比べて5倍以上になったことが厚生労働省の集計で分かった。30代以下の死者は29人に上り、同年代の累積死者数63人の半数近くを第5波だけで占めた。

 接種した高齢者の死亡が減る一方、感染力の強いデルタ株の流行によって現役世代の感染が大幅に増えたため、年齢分布に変化が起きたと考えられる。専門家は現役世代にも早期に接種を進めていくべきだとしている。

 厚労省の集計によると、ワクチン接種が始まる2月上旬までに報告された性別や年齢などが確認できた死者5295人のうち、96・2%が60代以上だった。最も多いのは80代で40・8%を占めた。

 第5波に入った7月中旬から9月上旬の期間では860人が死亡。年齢分布は60代以上の割合が約79・4%まで減少するなど変化が見られた。20代以下は1・2%(10人)、30代2・2%(19人)、40代5・6%(48人)、50代11・6%(100人)だった。

 東邦大の舘田一博教授(感染症学)は「相対的に40~50代の重症化や死亡が目立つようになったのは、間違いなくワクチンの効果だ」と話す。

 厚労省の試算によると、今年7~8月の65歳以上の死亡数は、ワクチン接種で約8400人少なく抑えられた可能性があるとされる。

 別の分析では、6月に報告された65歳以上の感染者のうち、ワクチン未接種者の致死率が4・31%だったのに対し、2回接種を終えた人では0・89%だった。

 これまでの全死者数を男女で比較すると、全体で男性の方が1・4倍多く、40~50代では4倍以上の差が出ていた。舘田教授は「高血圧など生活習慣に起因する基礎疾患が、男性の方が多いためではないか」と指摘している。