吾(わ)が身に生命(いのち)の惜しきこと、それは生類も皆然(しか)り、吾と吾が身にひき較べ、善行の士は生類に憐(あわれみ)をこそ垂(た)るるなれ。 (『ヒトーパデーシャ』)    <解説>...