陸上の日本学生対校選手権最終日が19日、埼玉県内であり、男子3000メートル障害は東京五輪代表で、浜田市出身の三浦龍司(順大)が8分32秒47で2連覇した。