24日、出雲市内で電子マネー18万円分をだまし取られる特殊詐欺が発生した。

 島根県警によると、被害者がパソコンでインターネットサイトを閲覧していたところ、突然パソコン画面に「このままではパソコンが使えなくなります」などと表示されたため、表示された電話番号へ連絡をした。

 被害者は、電話に出た相手から、パソコンのウイルス除去及びセキュリティ対策の保証料金名目で求められるまま、出雲市内のコンビニエンスストアで3回にわたり合計18万円分の電子マネーを購入し、ID番号を相手に伝えたという。