田鍋梨々花さん(左)ら主演を務める4人=松江市内
田鍋梨々花さん(左)ら主演を務める4人=松江市内

 島根の若者らをターゲットに県が制作した青春テレビドラマ「しまねがドラマになるなんて!」(1話5分、全10回)が20日に始まる。ヒロインは、若者向け雑誌モデル、女優として活躍する田鍋梨々花さん(17)。全編島根ロケで「バラパン」「赤天」など地元ネタ満載で島根の魅力をお茶の間に届ける。 (森みずき)

 島根の若者や親世代が「将来も島根で暮らしたい」と思ってもらえるよう、県が島根創生事業の一環で制作。TSKさんいん中央テレビ、山陰中央新報社、読売広告社(東京都)が企画した。

 ストーリーは、親の転勤に付いて東京から島根に転校した高校生「東(あずま)京子(きょうこ)」(田鍋さん)と、島根で生まれ育った同級生3人組が、さまざまな人と出会い、生き方を模索しながら島根の魅力に気付く。

 ドラマは全て島根県内で撮影された。タイトルの「君はバラパンより美しい」(第1話)、「キンニャモニャだよ人生は」(第4話)、「赤天天国」(第6話)にあるように、島根になじみの商品や伝統文化、場所がふんだんに盛り込まれ、キャストやエキストラに県民が多数出演するなど、視聴者を引き付ける。

 田鍋さんは「ふるさとを見る目がちょっとだけ変わるような、そんなミニドラマをお届けできればと思っています。どうぞお楽しみに。頑張るけん、見てね」とコメントを寄せた。

 12月22日までの毎週水曜日午後8時54分から、TSKさんいん中央テレビで放送。翌日には、山陰中央新報に関連企画「しまねがドラマになったワケ」を掲載する。放送後には動画サイト・ユーチューブの島根県公式チャンネルや、見逃し配信サイト「TVer(ティーバー)」で配信される。

 主題歌は島根大生の4人組ロックバンド「To Dom Seventh.(ツードムセブンス)」が担当。番組公式サイトやツイッター、「東京子」のインスタグラム(画像共有アプリ)も開設。6日にはユーチューブに予告動画が公開され、SNS(会員制交流サイト)や紙面の連動企画と共に、放送を盛り上げる。