【問1】新型コロナウイルスの流行「第6波」の備えとして最優先に進めるべき対策は何か。問1は10字、問2は150字以内で回答してもらった。

【問2】問1の回答理由は。国の感染症対策の評価や政治に求められる役割は何か。

 

向瀬慎一氏(共産、新)

大規模・無料の検査

 国の対応には科学無視、自己責任押し付けという致命的欠陥がある。ワクチン接種(追加接種を含めて)を安全に進めるとともに、大規模・無料・頻回のPCR検査で感染の火種を見つけ、消していくことが必要だ。合わせて、コロナ病床の拡充、往診・訪問看護の体制強化など緊急時に対応できる医療・保健所体制の強化が必要となる。

 

山本誉氏(立民、新)

医療現場への支援

 政府が現在行っている医療現場への支援、感染封じ込めのための検査は不十分だ。感染の抑え込みが十分に行われないまま感染拡大を繰り返し、経済的損失の拡大、医療従事者の疲弊を招いている。これを避けるには、国、都道府県が積極的に関わり、ワクチン接種、病床・療養施設を確保していくことが大切だ。

 

高見康裕氏(自民、新)

医療機関との連携強化

 第6波がいつ来るのか、症状や規模などの予測は不可能で日々の変化に素早く、的確な対応が必要だ。感染者の診察や入院、在宅診療体制の確保、3回目以降のワクチン接種体制など、医療機関との連携を今ある医療体制の下でいかに組み立てるのか、再シミュレーションして充実を図る。個々の感染症対策の再徹底も必要だ。