大田市内の男性が「宝くじが当選した」との名目で85万円分の電子マネーをだまし取られた。
 島根県警によると今月6日、男性の携帯電話に「経緯について説明させていただきます」とのショートメッセージが届いた。URLにアクセスすると「7億円が当選した」と表示され、男性は当せん金を受け取る意思を伝えたところ、相手に「7億円を受け取るためのシステム構築費が必要」と言われ、8日から13日までの間、コンビニエンスストアで電子マネーを合計20回にわたり購入し、利用に必要なID番号を伝えた。