山陰両県内で2020年のがん診断数が、前年に比べて約300件減少し、1万3804件となった。国立がん研究センターの調査で判明した。両県は新型コロナウイルスの感染拡大で、受診を控えたり、検診が一...