新型コロナウイルスワクチン接種の事務作業を進める松江市職員=同市乃白町、市新型コロナウイルスワクチン接種実施本部
新型コロナウイルスワクチン接種の事務作業を進める松江市職員=同市乃白町、市新型コロナウイルスワクチン接種実施本部

 国が3月開始の意向を示している5~11歳の子どもへの新型コロナウイルスワクチン接種で、山陰両県の市町村が準備に追われている。12歳以上用のワクチンとは用量や濃度が異なるため、誤接種を防ぐ対策が重要となる。スタッフの確保にも不安を抱えながら、方策を練る。
      
 12歳未満への接種は、感染者が急増する米国で既に開始。日本国内では新たな変異株「オミクロン株」の影響で若年者の感染が目立っており、岸田文雄首相は希望者に限って早期接種を始めると表明した。

 使用するのはファイザー製の小児用ワクチンで、接種時は保護者が同伴し、診察などに付き添う必要がある。子どもは免疫機能がまだ発展途上のため、副反応に細心の注意を払うことも重要となる。

 3月以降には、高齢者など12歳以上の3回目接種が本格化するとみられ、接種現場でのワクチンの混在リスクが懸念材料の一つとなる。

 このため、小児用ワクチンの接種対象者が約1万2千人いる松江市では、集団接種の日時を別々に設定して明確化する考え。接種後の異変に即座に対処できる市立病院を会場候補に挙げている。

 同様の対応を予定し、対象者を最大3千人と見込む雲南市の野々村達志ワクチン接種対策室長は「注射を嫌がる子どもがいれば、時間がかかる恐れがある」とみて、会場運営のスタッフを増やす方向で検討している。

 一部の市町村で不安材料とみられているのが、小児科医の少なさだ。

 5~11歳児が約3千人いる浜田市は、小児科医院や内科医院に個別接種の協力を求めている。ただ、小児への接種経験の少ない内科医もおり、久保智ワクチン対策室長は「実施機関は全体で10カ所にいかないのではないか」とする。

 さらに、小児用ワクチンは1瓶当たり10人分の接種が可能となる。1瓶当たり6人分の12歳以上用に比べて4人分多く、ワクチンを無駄なく使い切るには、10人単位で予約枠を調整する必要に迫られる。

 各市町村は3回目接種の予約受け付けと同時並行で事務処理を進めることになるが、職員12人で対応する倉吉市の清水宏士ワクチン接種対策室主幹は「このマンパワーで対応するのは容易ではない。簡単に増員もできない」と話した。