社会科の授業で新聞について学んでいる5年生96人が7日、山陰中央新報社の清水由紀子NIE担当から新聞の特長や上手な読み方を習った。   児童はまず、新聞の中から答えを探すクイズに挑戦して当日の本紙を一通りめくった後、大事なニュースは1面に載ること、見出しやリード(第1段落)を読めば記事のおおよその内容が分かることなどを学習した。   人に話を聞いたり、文章を書いたりするときに役立つ「魔法の言葉」として「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように・どうした」の「5W1H」の要素を使い、実際に文章を作った。
 社会科の授業で新聞について学んでいる5年生96人が7日、山陰中央新報社の清水由紀子NIE担当から新聞の特長や上手な読み方を習った。  児童はまず、新聞の中から答えを探すクイズに挑戦して当日の本紙を一通りめくった後、大事なニュースは1面に載ること、見出しやリード(第1段落)を読めば記事のおおよその内容が分かることなどを学習した。  人に話を聞いたり、文章を書いたりするときに役立つ「魔法の言葉」として「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように・どうした」の「5W1H」の要素を使い、実際に文章を作った。

 社会科の授業で新聞について学んでいる5年生96人が7日、山陰中央新報社の清水由紀子NIE担当から新聞の特長や上手な読み方を習った。

 児童はまず、新聞の中から答えを探すクイズに挑戦して当日の本紙を一通りめくった後、大事なニュースは1面に載ること、見出しやリード(第1段落)を読めば記事のおおよその内容が分かることなどを学習した。

 人に話を聞いたり、文章を書いたりするときに役立つ「魔法の言葉」として「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように・どうした」の「5W1H」の要素を使い、実際に文章を作った。