水野幸雄NIE担当から新聞紙面作りの方法を学ぶ津和野中学校2、3年生のみなさん=津和野町町田、津和野中学校
水野幸雄NIE担当から新聞紙面作りの方法を学ぶ津和野中学校2、3年生のみなさん=津和野町町田、津和野中学校

 本年度NIE実践指定校の津和野中学校(津和野町町田)で24日、新聞教室があり、2、3年生40人が山陰中央新報社の水野幸雄NIE担当から新聞作りの基本を学んだ=写真。

 生徒は、記事を書いたり見出しを付けたりするときには「5W1H」が基本になることや、読者にとって読みやすい紙面レイアウトの仕方を教わった。新型コロナウイルスに感染して亡くなったお笑いタレント志村けんさんの記事を読み、見出し作りにも挑戦した。

 16~18日に2年生は町内の農家や林業事業所、3年生は保育所やJAなどに出掛けて体験学習を行っており、その成果を新聞にまとめるために指導を受けた。今後制作に入り、完成した作品は11月7日の学校文化祭に展示する。

 3年の柳井海音さん(15)は「5W1Hや注目される見出しの作り方、逆三角形スタイルなどが参考になった」と話した。