イオン大田店内に移転する大田支店のイメージ
イオン大田店内に移転する大田支店のイメージ

 島根銀行(松江市朝日町)が8日、大田支店(大田市大田町)をイオン大田店(同市長久町)に移転すると発表した。夏ごろを予定し、仕事帰りに寄りやすいよう窓口の営業時間を夕方まで延ばすほか、休日相談業務も行う。

 イオン大田店の西出入り口すぐのイートインスペース(165平方メートル)に設ける。現大田支店は築60年で老朽化しており、移転場所を探していた。同行で現在、商業施設内に入っている店舗は他にない。

 新支店は営業時間帯をずらし、開始時間は遅らせる。平日に来店できない顧客に向け、休日はローンや資産運用などの相談を受け付ける。本部と支店をつなぐリモートブースを設け、相続など時間がかかる手続きは本部でも対応する。

 移転日や営業時間の詳細は4月末ごろに発表する予定。  (平井優香)