読者の皆さんから、考えたい身近なテーマについてコメントを募り、山陰中央新報とSデジに掲載する「さんコメ!」。「マスク生活、どう思う?」に、たくさんの投稿をありがとうございました。紙面には一部しか載せていませんが、Sデジでは全てのコメントを読むことができます! 記者の雑感もありますので、お楽しみください。(カッコ内はペンネーム。内容は一部要約・編集しています)

 ▶さんコメ! ツイッターアカウント( @sancome33

 マスクが義務化(?)されるようになった時、息苦しいし、メーカーによってマスクに臭いがあってマスクを着けるのが嫌だった。今は違う。息苦しくなくて臭くないマスクを見つけたから。それにマスクをかけるとファンデーションや口紅が必要なくなって、少しだがお金が残る。なので、その分を何に使おうかと楽しんでいる。(ドルチェ)

 コロナ禍が2年に及び、すっかり慣れてきた感があります。表情が見えないもどかしさ、暑い時の煩わしさもあります。飲食時も最初はつけていて、そのうち‥てな感じで割と形式的なマスク着用も多いのかなと近頃は思います。誰もでルールを守ることが前提ですが、いっそのこと、スター・ウォーズみたいにヘルメット型のマスクだと分かりやすいです‥。ダースベイダー着用が増えそうですが(笑)

屋外でマスクを着用して過ごす人たち=松江市朝日町、松江駅

 マスク生活は、もうやめよう。赤信号みんなで渡れば怖くない。みんなでマスクを外せば怖くない。テレビで海外のニュースを最近よく見るのですが、フランスとかイギリスとかマスクしてないし。先日の「BTS」のアメリカでのライブのニュースを見てても、たくさんの聴衆がいて密だし、大声出してるし、マスクしてないし。コロナ前となんら変わらないライブに、日本はなんだかな~と感じました。ただ、マスクしてると、メイクしなくてもわからないから、化粧品代はかなり浮いてます。

 私は医療関係の仕事をしており、コロナ第1波から家以外ではずっとマスク着用です。正直、顔に自信がないのでマスクをしている事に安心感はあります。けれど、今の子どもたちの事を思うと1日でも早くマスクから解放させてあげたいと願うばかりです。コロナ禍で1番犠牲になっているのは子供たち。普通に生活できるようにするには、大人たちの意識の問題だと思います。(出雲のおばば)

 接客業の為にマスクは生活の一部になっていますがマスクを着けてることで話しかけられたことが分かりづらかったり、レジでも対面シートがある為に聞き取りにくいこともしばしば。これからコロナ3年目の夏に向かうけど早くマスクなしの生活がしたいとつくづく思ってます。(さやさや)

 いつまでマスクを着けてたら良いのかな?とみんな探り合いではないかなと思ってます。(中には本気でマスクで防げると思ってる方もいらっしゃるかもですが)免疫の下がってる時ならなおさら、マスクをせずにきれいな酸素を取り入れることが大切ではないかなぁと思います。地球上の全てのものには(地球にも)意識があると言われてますが、ウイルスや病気とも闘わずに『私たちを強くしてくれてありがとう』の感謝の思いでいることで、共生していけるのでは?いや、そうして長年、人間は生きてきたのでは?と思います。
 息子の高校の先生が、生徒たちにあめを配って『みんな今食べよう』と言われたらしいですが、その際「あぁ。みんなの顔が初めて見れたなぁ」と言われたそうです。そんな先生の思いがうれしかったと息子が感動してました。高校生でも、そうなのですから、小さな子どもたちはなおさら、顔が見られない不安があると思います。先日、知人のお店にすてきなお手紙が張ってありましたので共有させていただきます。(※「お体に合わないお客様もいらっしゃることもあり、当店ではマスク着用のお願いをしておりません。個々のお客様の判断を尊重します」という張り紙の写真でした)

 マスクは息苦しい。でも、顔のシミ、シワを隠してくれます。マスクをすれば、見えるのは目元のみ。ちょっと若く、そしてかわいく?見えます。もうマスクなし生活には戻れないかも…笑(こいほー)

 子どものマスクは、かなり心配です。息苦しいし、気分が悪くなると思います。幼児はもちろん、小学生~高校生も授業中など話す機会がない時は外して良いと思います。1日中マスクは、本当に心配だし、顔認識ができなくなって、発達への影響も心配です。コロナは風邪という認識で、はやく普通の生活に戻してほしいです。
 子どもたちが登下校のときもマスクをしっかりつけていて、暑くなってきて、大人でも息苦しいのに、見るたびに心が痛く、つらいです。子どもを守るどころか、子どもの命を落としかねない。学校から登下校や外では外すように、指示してほしいです。保育園でも先生たちはみんなマスクをしていて、これから言語を習得していく子どもたちにとって、本当に発達面が心配です。マスクをはずす勇気も一人一人もって、風邪症状があるときはつけるなど、臨機応変にマスクが使えるようになればと思います。

マスクを嫌がる子ども

 本来、日本はマスクは任意ですが、強制になっているところが、みんな同じでないといけない、多様な考えを受け入れにくい日本の大人たちの特徴だな、と感じます。多くの国がコロナのさまざまな対策を、廃止するなか、いまだにこの騒動で騒いでいるのは、大人が声をあげないから。外せる人は外していきませんか。未来のある子どもたちに、表情をみせていきませんか。子どもの成長は”密”の中にあるのではないかと私は思います。特に赤ちゃんへのマスクでの関わりは、今後、情緒面でかなりの影響を与えると思っています。私は0歳の赤ちゃんがいるので、保育園の先生に、送迎以外の保育中はなるべく外してもらえるよう、子どもの前でのマスクの使い方に関しての意見交換をしています(たび)

10 マスク生活、正直終わりにしたいです。コロナの対応が、インフルエンザと同じようになれば、はずせると思います。マスクを着けるのは、感染予防ですが、精神的な意味の方が大きいです。自分がかかると周りの人に迷惑がかかる、家族が外出自粛になる、学校が休校でクラスメートが検査する、誰がかかったのか分かって冷たさくされるなど、自分の体調より周りの心配をしないといけない今のままでは、マスクを外す事はできないと思います。インフルエンザのように症状が出てから検査するのであれば、保健所も手間が減るし、治療も手厚くなって亡くなる方も減るのではと思います。
 気にかかるのは、免疫力の低下です。マスク生活2年目ぐらいから風邪をひくと長引く、兄妹全員かかる、免疫力や体力が落ちてる?と感じる事が多くなりました。マスクや自宅待機や部活自粛で、体力や免疫力が低下して、コロナにかかった時に、症状が重くなりそうで怖いです。(子ども好き)

11 子どもにマスクは本当に勘弁してほしいと思います。当初は、どんなウイルスかわからなかったので、マスクで守ることも必要だったと思います。しかし今は、若年者は無症状か、ただの風邪程度だとわかってきました。マスクは、している自分を守るのではなく、自分以外の人を守る為のものです。若年者には必要ないと思います。基礎疾患がある人や高齢者は、新型コロナでなくても、普通の風邪でも亡くなる方はいらっしゃいます。基礎疾患がある人や高齢者は、ほとんどの人がワクチンを打っていると思います。ワクチンの効果が下がってしまうのであれば、定期的にワクチンを打って予防すればいいと思います。(しましま)

12 マスクをつける意味、その効果を改めて納得できるように、もう一度確認したいですね。マスクしないと感染する?世の中これだけの人が何度もワクチン打っても、どこでもかしこでもマスクしてるのに日々の感染者数は減らないのはなぜ?マスク(ワクチンもだけど)しないと感染率が上がるというのはこれはもう都市伝説なのか??さんコメさんへ。マスコミの方なら取材力にたけておられるので、徹底的に調べ上げて誰もが納得いくデータや事実情報を集めて取り上げてほしいです。マスクするとしない事で実際の感染力、感染率、どう違ってた? 子どもと大人の感染力、感染率それぞれの違い。権威や発言力ある人の意見なんていらない。欲しいのは事実。

13 正直慣れてしまった感がある。コロナ前から花粉症だったり冬のいろいろ流行っている時期に通勤中マスクしてたりしたので。でも今の子どもたちのことを考えると表情を見せたり読み取ったりするのが困難なのは、成長になんとなく影響がありそうですね。それと、マスクすることで大人も顔の筋肉を使わなくなるので、マスクが日常になってから老化が進んだなと感じます(笑)マスクしなくてもいいならしない方が利点が多い気がしますね。(のんびより)

14 子どもが外であそぶときもマスクをしていて、フーフー言って帰ってくるので、「しなくていい」と伝えていますが、学校で教わったことは思いの外、伝わっています。「人にタッチをしてもいけない」と言われたらしく、少しやりすぎでは?個人的には、物心ついたころの子どもが一番影響かあるのではないかと思います。私は、最近、カラーリングの店で「マスクははずしても大丈夫ですよ。」と言われ、すっきりした気持ちになりました。こんな言葉を待っていたんですよね!!(モッピー)

15 わが家の孫もこの4月から小学生です。毎日元気よく学校に通っています。新しい友達の名前も次々と聞かれるようになり安心しています。学校ではマスク顔での初対面なので友達の本当の顔を見てないのでマスクなしの生活になると戸惑いがあるのでは?と心配しています。先生に対しても同じだと思います。(モンブラン)

16 息苦しい、外したいからと子どもが学校でマスクを外すと友達から「コロナにかかりたいの?マスク着けて」と言われ落ち込んで帰宅。マスクしてる子はいい子、外すのが恥ずかしい、勇気がいるという風潮があり、表情や気持ちがマスクの裏に隠されているように感じる。外す着けるも人の自由。義務ではない。

17 苦にならず過ごしています。マスク本来の機能や目的を知らずに否定される方々がおられるのは正しい情報配信が少なく、誤解されていることがとても残念な思いです。
 不織布マスクは静電気の作用でウイルスを付着させているので「すり抜けるので効果は無い」とする発言はメーカーさんに失礼に感じています。
 また、酸素不足や免疫低下を指摘する声もありますが、口からいくら吸っても酸素は肺の奥まで入らず、ウイルスの侵入も許してしまう仕組みになっています。マスクで呼吸が苦しいからとする意見の前に、鼻呼吸をしていたのか?の話が出ていないように感じています。
 かなり前ですが、朝の情報番組の特集で「集中力不足の子どもたち」の原因は口呼吸とする内容でした。ほとんどの子どもは口をあけていて、閉じている子どもはほとんどいない結果でした。それ以来、大人や子どもたちの口元を見ていますが、閉じている方はとても少ないと感じています。
 人と話す時、目を見て話をします。目を見ると、感情が伝わってきます。笑顔でも目が怖い人、笑っていない人は、よくわかります。マスクをしているから感情が分からないとする話には抵抗を感じています。
 マスクは感染防御より、感染しても無症状の方々がウイルスを拡散する事を防ぐことにあると理解しています。自己防衛だけでなく、相手を思いやるのがマスクだと理解しています。

記者雑感 

 新型コロナウイルスが流行する前、黒色のマスクをしている若者に出会うと、なんだか怖い印象を持っていました。マスク=白色、という無意識の決めつけがあったのでしょう。コロナ禍3年目、街ゆく人たちはいろいろな色のマスクを着けていて、黒色を見ても何とも感じなくなりました。慣れはすごいなと感じている最近です。うっかりマスクを忘れて出かけると落ち着かないほどで、煩わしさがありつつも、生活に定着していると実感します。
 そして、初対面の人がマスクを外したときに、勝手に想像していた顔と異なることがあります。鼻から下が見えない状態だと、脳は勝手に顔全体を想像しているのでしょう。不思議に感じる場面があります。
 また、子どもの感染が増えたことで、保育園でもマスク着用を推奨するとのお便りが来ました。この息苦しさを子どもに強いることはしたくないと思い、わが子にはさせていません。周囲を見るとほとんど全員がマスクを着けて登園していて驚きます。小学生になれば、着用していない子が浮いて見えます。一体いつまでこの状態が続くのか、と思うと、憂鬱(ゆううつ)な気持ちになります。
 (担当記者)

次回テーマ 「体育座り、つらかった?」

 次回は、6日付本紙くらし面で紹介したテーマ「体育座り、つらかった?」です。学校生活でおなじみの膝を曲げて両手で抱え込む座り方は、腰痛などの原因になることが分かり、見直す学校が出てきました。何の疑問もなくやっていたことが「実は間違っていた、意味がなかった」ということがありますよね。「自由でいい」との意見もありますが、人の話を聞く姿勢や態度は、時代とともに変わるのでしょうか。コメントはツイッターとLINEで募ります。ツイッターは「#さんコメ」をつけて、つぶやいてください。
 6月初旬に特集を組みます。お楽しみに!

 さんコメ! ツイッターアカウント( @sancome33