島根県庁
島根県庁

 島根県が7日、新型コロナウイルスに595人が新たに感染したと発表した。5日(755人)、6日(690人)に続く1日当たり3番目の多さ。医療機関の入院患者1人が死亡し、死者は累計18人となった。松江、出雲両市、益田保健所管内で新たなクラスター(感染者集団)が発生した。6日確認分。

 居住地別の内訳は出雲市234人、松江市94人、大田市42人、安来市37人、益田市19人、浜田市14人、雲南市、奥出雲町各5人、江津市、津和野町各3人、美郷町、邑南町、海士町、隠岐の島町、県外各2人、飯南町、川本町各1人、調査中127人。

 新たなクラスターは松江市の市立小学校11人、保育施設6人、益田保健所管内の飲食店15人、出雲市の児童福祉施設5人。いずれも接触者は把握できているとして名称公表はしていない。県内のクラスターは累計311件となった。

 松江市で、市立小学校1校で1人が感染し、8日も学級閉鎖。市立保育施設2カ所で職員計3人が感染し、うち1カ所が一部学級閉鎖。出雲市で、市立小学校2校が感染拡大に伴い休校、市立保育所1施設が一部学級閉鎖。保育士の感染で隠岐の島町立保育所が7日閉所。職員1人が感染した大田市が運営する診療所は8~13日を休診とする。

 県庁南庁舎6階勤務の職員1人、県東部農林水産振興センター職員2人、県警本部で30代1人、県東部の警察署で20代2人が感染。松江市で市役所別館の職員、市立病院職員、市消防本部職員各1人、出雲市で市役所本庁舎の職員、出先機関職員各2人が感染。中国電力三隅発電所の協力会社2人、島根原発の協力会社5人も感染した。

 感染者数は取り下げが6人、追加が1人あり、累計2万3125人。7日午前0時時点の確保病床(371床)の使用率は35・8%、宿泊療養は17人、自宅療養は2087人。重症者はいない。
      (清山遼太)