タイム表示に目もくれず、三浦は一心不乱に脚を動かした。勢いよく飛び込んだゴールで待っていたのは、男子3000メートル障害で18年ぶりの日本新と東京五輪参加標準記録突破という結果。「予想していた...