キャットボウルで餌を頬張る看板猫クウちゃん=出雲市斐川町出西、出西窯
キャットボウルで餌を頬張る看板猫クウちゃん=出雲市斐川町出西、出西窯
クウちゃんを抱きかかえる中鉢耕助さん
クウちゃんを抱きかかえる中鉢耕助さん
瑠璃色、黒色、飴色と三色展開のキャットボウル
瑠璃色、黒色、飴色と三色展開のキャットボウル
キャットボウルで餌を頬張る看板猫クウちゃん=出雲市斐川町出西、出西窯 クウちゃんを抱きかかえる中鉢耕助さん 瑠璃色、黒色、飴色と三色展開のキャットボウル

 工房の片隅で、美味しそうにごちそうを頬張る猫たち―。実用性と美しさを併せ持つ「用の美」を追求した陶器が人気の出西窯(出雲市斐川町出西)が、猫用の食器「キャットボウル」を開発した。70年を超す歴史の中で、人間以外のための陶器を作るのは初めてという。人々の暮らしに根差し、実用に徹してきた窯元が、なぜ猫用の器を? 伝統を改めて、昨今のペットブームに乗っかったのか、それとも…。窯元を訪ねて、背景を取材してみた。(Sデジ編集部・宍道香穂)

 4月下旬、新緑の中、田園風景の中に佇む工房を訪ねた。迎えてくれたのは、開発者の中鉢(なかはち)耕助さん(41)。この道16年目のベテランで、出西窯の役員も務める。工房の看板猫、クウちゃん(オス)とその母チャチャも一緒だ。

 早速、中鉢さんに実物を見せてもらった。高さ14cmの土台の上に直径15~16cmの円形の皿が乗った器。まるで平安貴族の宴会に出てきそうな食器。

 色は、窯元を代表する「出西ブルー」と呼ばれる瑠璃色、黒色、飴色の三色で、落ち着いた色合いだ。モダンな雰囲気で、インテリアとしてもおしゃれだ。一方で、実用性については疑問が生じる。食べている最中に倒れたら割れてしまわないか。そもそも陶器である必要はあるのか。

「友人」との別れ

 そこで「なぜ、キャットボウルを作ろうと思ったんですか」と質問。中鉢さんは、以前共に暮らした愛猫・エドとの思い出を話してくれた。「友人とか兄弟のような存在だった」というエドは3年前、13歳でこの世を去った。腎臓を患っていたこともあり、晩年は餌を食べにくそうにしていた。前かがみになるのもつらそうだった。その姿が頭の隅に残っていたという。

 エドを思い出しつつ飼い猫の餌皿を探す中で、猫の身体の構造から、頭と肩が平行になる姿勢で餌を食べると負担が小さくなるというネット記事を見つけた。かがみこむと食べ物を胃まで吸い上げなくてはならず、負担になっていたことが分かった。体重がかかるため、特に年をとった猫には足にも負担になっていた。高さのある猫の皿は既に出回っていたため、それらをまねて器を作り、自宅の猫らに使わせてみた。しかし高さが十分でなかったり器が深かったりと、まだ食べにくそうに見えた。「焼き物屋なんだし、もっと高さのあるものを自分で作ってみよう」と決心した。

開発は難航

 2019年から制作にとりかかったが、開発は難航したという。高さを確保しようとすれば、安定が悪くなる。細い柄の部分をうまく上の皿に取り付けようとしたが、安定せず、試行錯誤が続いた。そんな時、接合のタイミング次第では安定性を保ったまま取り付けられることがわかった。粘土の乾燥具合を見ながら接合することで、収縮による高さのばらつきも抑えることができた。2年半をかけ、キャットボウルはついに完成した。

 実際、使い勝手や消費者の反響はどうだろうか。中鉢さんによると、もともとは一般向けに販売は行わず、自身の使用や友人らへの配布にとどめるつもりだったという。しかし、試作品を公式ツイッターにアップした際のリツイート数は4千件を超えた。「ぜひ商品化してほしい」「シンプルな形で素敵」といった応援の声、構造に対する要望も寄せられた。「応援のコメントやもっとこうすると良いという“使い手の声”が聞けたのはありがたい」と中鉢さん。2021年3月から、オンラインで6000円(税別)で発売した。すると、70個が数日で完売し、現在は入荷待ちが1000件を超える。購入した松江市の自営業、曽田千裕さんは「今までは皿を床に置き前かがみで食べさせていたが、キャットボウルにしてからは食べやすそうに見える。こちら(人間)としても、デザインがおしゃれで、見るたびに良いなと思う」と喜ぶ。

 取材を通じて、出西窯のキャットボウルは、猫の視点でも「用の美」をブレずに体現していると理解することができた。ペットも大切な家族の一員。暮らしに根差した陶器を作り続ける出西窯は、そこに優しく寄り添う。中鉢さんは、開発を通じて「出西窯の原点となる理念は何だったかと、立ち返ることができた」と話してくれた。心地よさそうに皿を何度も嘗め回すクウちゃんとチャチャの姿がその成果を物語っていた。