東京五輪聖火リレーの島根県最終日は16日、大田市から出雲市、隠岐の島町など7市町を巡り、ゴールの松江城(松江市殿町)で全日程を終えた。津和野町を出発してから2日間にわたり、14市町村で計175人がつないだ聖火は、次の開催地の広島県(17、18日)に引き継がれる。