大社基地遺跡群(出雲市斐川町)をテーマにした講演会が29日午後1時から、出雲市斐川町荘原の荘原コミュニティセンターである。

 大社基地の明日を考える会が主催。戦後史会議・松江の若槻真治世話人代表が「〝大社基地遺跡群〟の概要と特色」、板垣貴志島根大准教授が「島根県内の戦争体験を継承するために」とそれぞれ題して講演する。

 定員50人で予約が必要。申し込み、問い合わせは島根大法文学部現代史学研究室内の「大社基地の明日を考える会」事務局、電話とファクス兼用で0852(32)6197。メールはtaisha1945kichi@yahoo.co.jp