日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)と山陰中央新報社が8月25~27日に鳥取県伯耆町丸山の大山平原ゴルフクラブで開く「山陰ご縁むす美レディース」の決勝ラウンドまで3カ月となった。松山英樹のマスターズ・トーナメント初制覇で競技への関心が高まる中、山陰では2年ぶりの開催となるステップアップツアーに熱い視線が注がれている。  (奥原祥平)

 「山陰ご縁むす美レディース」の前身「山陰合同銀行Duoカードレディース」に参加した渋野日向子(左)、鈴木愛(右上)、勝みなみ(右下)のコラージュ。現在は第一線で活躍中 ステップアップツアーは、レギュラーツアーの出場権がない選手に試合経験を積ませることを目的として、1991年に始まった。今季は新型コロナウイルスの影響で2020年(8試合)と21年(14試合)を合わせた計22試合があり、山陰ご縁むす美レディースは16試合目となる。

 2年前まで大山平原ゴルフクラブで開かれていた前身の「山陰合同銀行Duoカードレディース」は、のちに2度の賞金女王を達成した鈴木愛(倉吉北高出)、19年に全英女子オープンを制した渋野日向子ら第一線で活躍する選手を輩出。17年大会では、当時19歳の勝みなみがプロ初勝利を挙げた。

 山陰ご縁むす美レディースの出場予定者は108人で、顔触れは大会直前に決まる見通し。6月下旬にある最終プロテストに合格した新人も参入しそうで、フレッシュな戦いが予想される。

 8月25、26日にある予選ラウンド(36ホール)の50位タイまでが27日の決勝ラウンド(18ホール)に進出する。賞金総額は2000万円。山陰中央新報社は地域貢献活動の一環として今年から共催することを決めた。

 ステップアップツアーは、26日に今季13試合目のECCレディースが兵庫県でスタート。ユピテル静岡新聞SBSレディース(6月18~20日、静岡県)、スカイ・レディースABC杯(6月29日~7月2日、兵庫県)を経て、山陰に舞台を移す。