【男子3000メートル障害決勝】東京五輪出場を決め、ゴール後にガッツポーズする三浦龍司=ヤンマースタジアム長居
【男子3000メートル障害決勝】東京五輪出場を決め、ゴール後にガッツポーズする三浦龍司=ヤンマースタジアム長居

 陸上の日本選手権第3日は26日、大阪市のヤンマースタジアム長居であり、男子3000メートル障害で浜田市出身の三浦龍司(19)=順大、浜田東中ー洛南高=が8分15秒99の日本新記録で初優勝し、東京五輪出場を決めた。(藤原康平)

 三浦は、5月の東京五輪テスト大会で五輪参加標準記録(8分22秒00)を突破しており、日本選手権で3位以上の成績を収めるという内定条件を満たした。

 序盤から先頭集団でレースを展開。終盤の水濠(すいごう)で転倒するアクシデントがあったが、すぐに持ち直し、自らがマークした日本記録(8分17秒46)を塗り替えた。初の五輪出場を決め、「満足できるレースだった。世界で戦えるよう準備をしたい」と声を弾ませた。

 島根県関係では、ホッケー日本代表に選ばれた横田高校出身の男女5人、テニス男子シングルスの錦織圭(松江市出身)、ラグビー女子の大谷芽生(石見智翠館高出)、原わか花(同)に続く五輪出場決定となった。