【決勝・鳥取商〓米子東】10回裏米子東1死満塁、舩木佑が逆転サヨナラの右越え二塁打を放つ=どらドラパーク米子市民球場
【決勝・鳥取商〓米子東】10回裏米子東1死満塁、舩木佑が逆転サヨナラの右越え二塁打を放つ=どらドラパーク米子市民球場

 第103回全国高校野球選手権鳥取大会は28日、米子市車尾のどらドラパーク米子市民球場で決勝があり、米子東が延長十回、9ー8で鳥取商に逆転サヨナラ勝ちし、優勝した。夏の甲子園出場は、中止となった昨夏の大会を挟み2大会連続15度目。鳥取大会で県立高校同士の決勝は2011年以来10年ぶりだった。
 終盤、二転三転する緊迫の試合。米子東は3点差を追う九回裏、3点本塁打で試合を振り出しに戻した。再び1点差を付けられた延長十回裏には満塁の好機を逃さず、試合を決めた。
 全国大会は8月9日から17日間、阪神甲子園球場で開かれる。
 (柴田広大)
▽決勝
鳥取商210 002 011 1 〓8
米子東310 000 003 2X〓9
(延長十回)
(鳥)浦田|前田
(米)舩木佑|徳丸
▽本塁打 木村(鳥)太田(米)
▽三塁打 木村(鳥)▽二塁打 鈴木(鳥)瀬川2、中本、松田、藪本2、舩木佑
▽試合時間 3時間1分

 【評】両チーム合わせて33安打が飛び交う打撃戦は、米子東が終盤に持ち前の粘り強さを発揮し、延長の末、鳥取商に逆転サヨナラ勝ちした。
 米子東は3点を追う九回、1死から藪本の右越え二塁打と舩木佑の中前打で一、三塁とし、太田が起死回生の右越え本塁打を放って同点とした。延長十回に1点を勝ち越された直後、1死から3連打で満塁と好機を広げ、舩木佑が右越えに逆転の2点二塁打を放って勝負を決めた。先発舩木佑は15安打を浴びながらも投げきり、バックが無失策の堅守で盛り立てた。
 鳥取商は1点をリードされた六回に木村の左越え2点本塁打で逆転。八回と九回に一点ずつ挙げてリードを広げたが、守り切れなかった。